ところでロマンチックを知らせる回覧板は、いつごろ回って来るのか

現実主義な私が日々心に浮かぶことを、ゆるゆると書いていく

養育費の申し立てに関する話ー法テラス編

 前回は、法テラス池袋のビルに入ったところまで進んだ。私はエレベーターを出てから法テラスの中に入り、入り口の真正面にある受付で手続きを済ませた。その後はテレビが置いてある病院の待合室みたいな場所に移って、自分の順番が来るのを待つのだ。テレビの中では、ローカルタレントみたいな人がジーンズのリメイク方を熱く語っていた。個人的には人生でかなりの一大事を相談するためにここ(法テラス)に来たにもかかわらず、ジーンズのリメイクを見ていることに変な気分がしたことは確か。でもまぁ中途半端な昼間の時間にやるテレビ番組ってこんなものかもしれないと思いながら、黙ってあまり座り心地のよくない椅子に座っていた。

 

10分くらいしたら3つほどある小部屋のドアの一つが開いたので、受付で言われたとおり扉の開いた部屋に入った。もともと時間を予約しているので、あまり待たなくても良いのはありがたい。あまり広くない部屋の中には机が置いてあり、対面する形で椅子が2脚配置されていた。私は机をはさんで目の前の椅子に座っている男性、つまり弁護士にぺこりと一礼してから入り口のすぐそばの椅子に座った。一回の無料相談でもらえる時間は30分と決まっているので、それなりに要点を絞って相談しなければあっという間に時間が過ぎてしまう。

ネットで知りうる情報はネットで調べれば良いので、それ以外の情報が欲しかった。具体的には、弁護士が何をするのか?とか私にできることは何か?とか。とにかく片っ端から今心に抱いている疑問をぶつけながら、新しい情報を引き出そうと頑張ったことは確かだ。

いろいろわかったことの中でも一番驚いたこととして、養育費の調停をする人のうちの半分は弁護士に依頼しないで自分自身で調停をするという事実だった。弁護士曰く、「養育費の調停は他の調停と違って基本的には負けるということがない」のが理由だそうだ。でも私はお金の問題が大きいのかもしれないと思ったが、わざわざいうこともないだろうと黙っていた。

ちなみに目の前の弁護士から聞いた費用は、「着手金10万、養育費から毎月1割を報酬として支払う」ということだった。高いのか安いのか、実はいまだに判断がつかない。

養育費調停の申し立てに関する話ープロローグその2

 養育費については、もう何年もの間考えていた。でも法的な知識や資格があるわけでもない私にとって、具体的に何をどうすればよいのか?弁護士に依頼するのが一般的なのかすら知らないというのが、本当のところだった。

yuriyuri.hatenadiary.com

 

法テラスという、法律に関する公的な機関な機関があることは知っていたしホームページをチェックしてもいた。でもそこにデカデカと記されている連絡先へ電話なりメールなりをするという行動を起こしたのは、今年(2018年)の8月が初めてだった。

これまで行動しなかったもっともらしい理由は10個も20個もあったけれど、結局のところ面倒きわまりないというのが実際のところだろうな。全く経験のないことをするためには、様々な知識や下準備が重要になってくる。しかし一番重要なこととしては、物事を成し遂げようとする本人、つまり私自身の強い意志がどうしても必要なのだ。

 

がんばる 女性 画像 に対する画像結果

 

そもそも養育費を請求する裁判をするのかと思っていたら全然違っていた。

はじめに、裁判所へ養育費請求のための調停を申し立てをする。それから調停員を介して、直接ではないが元夫と養育費に関しての話し合いをしていく。その話し合いでも双方の話がどうしてもまとまらない場合には(不調)、調停は自動的に審判手続きへと進むことになる。

まぁ養育費は子供の権利なので審判に負けるということはないらしいが、相手の諸事情で(転職、再婚など)払えないというともあるらしい。らしいらしいという言葉が続いてしまっているのは、離婚家庭はいろいろなパターンの事情が考えられるためケースバイケースというのが実情となってくるからだ。

 

娘は、いま高校2年生。最近、進路に関する話をすることも多くなってきた。家の経済状態から冷静に判断をするならば、就職というのが現実的だろう。または夜間や通信大学、奨学金を申請するかお金を貯めてからの進学。しかし娘の性格からすると、専門的な知識を身に付けるなり訓練してから社会に出た方が良いタイプだと思う。娘は母親の私から見てもコミュニケーション能力が高い方ではなく、プライドが高くて打たれ弱く、こだわりが強くて融通が効かない。しかも他人(先生を含む)に言われたことに関して、何であれ本心から納得がいかないと言うことがきけないのだ。そしてこれはそのまま、彼女の父親が持っている性格的な特徴だったりする。

私自身は他人にまるで合わせられない、そのことに全く罪悪感のない彼と暮らしていけず、ずいぶん前に離婚という方法をとった。でもここにきて、血は水よりも濃いという言葉をひしひしと感じる。

 

遺伝

遺伝

 

 

養育費は子供の権利というけれど、ものごとは正当な要求だから上手くとも限らないだろう。しかし彼女の父親、つまり別れた夫は長い長い長い間希望の職に就くことができず、10年以上も親のすねをかじっていた。ただし現在彼は努力の末希望していた職業に就いて、かつ世間的にも成功しているといえる状態だ(初志貫徹という意味では、素直に賞賛している)。だから私は、彼の父親が彼がしてあげたような金銭的な援助を、娘の父親である彼に何年間か要求してもよいのではないか?という結論に達したわけ。

こんなことを考えながらもグダグダと何年かを過ごしてしまっていたが、私はついに今年の7月の半ば法テラスに面談を希望する予約の電話をかけた。ホームページにはメールでの相談も可能とあったけれど、弁護士と直接会って疑問を解決したかったのだ。

予約した日も暑い日だったが、私はその暑さが気にならないほど緊張した。でもスマホのナビに従って駅からそう遠くないビルの中にある法テラス(池袋)の事務所を訪ねたところまではいいが、そこまできて緊張のあまり入り口に入るのを躊躇してしまったよ。

ぞしてビルのエレベーターに乗りながら、電話予約の際に話した男性が「7月いっぱいでこの事務所(池袋)は閉めてしまう」と言っていたことを思い出したりもしていた。

養育費調停の申し立てに関する話ープロローグ

 最初に“それにしても全く、これからどうしたもんだろう。”という、なんとも頼りない一文で終わった前回の記事の続きに関して書いておく。

yuriyuri.hatenadiary.com

 オチとしては特にパッとするようなこともなく、そのままパワハラ満載なコールセンターでの仕事は終わりとなった。登録している派遣会社の営業の方からは会社の入退出時に必要なカードキーの返還を求められただけで、(まぁないだろうと予想はしていたが)特に何か説明などもなかった。その後働いた分の給料の振込先を聞かれたので言われたとおりメールで振込先を返信し、それで全部お終いということらしい。あっさりしたものである。

これからまた仕事を探さないといけないが、並行してかねてから心に引っかかっており、どうしても成し遂げなくてはいけないことにも取りかかることにした。それは養育費の調停を申し立てすること。

 

調停申し立て自体に物凄い労力が必要ということではないのだが、けっこうな精神力は必要だと思う。そもそも私は今まで生きていて、調停なり裁判なりというものを一切経験したことがないのだ。だからこそ具体的な行動を起こすまでの心理面におけるハードルがとてつもなく高くなっており、事実調停を申し立てることが伸び伸びとなってしまっていた。

ただし8月の終わりごろに最寄の法テラスで、弁護士の方にネットで調べただけではわからない養育費の調停に関しての説明をしてもらってはいた。

しかも法テラスでは自分で想像していたよりも内容の濃い役に立つことが聞けたため、大変満足している。また需要があるのかどうかは知らないが、次回の更新時に備忘録もかねて書き記しておきたい。

 

yuriyuri.hatenadiary.com

 

死んだ父親が、なぜかいい働きをしたという話

 久しぶりの更新をするならこういった明るい話題について書きたい!なんて思っていたのだが、実のところ仕事でパワハラパワーハラスメント)とモラハラモラルハラスメント)のコンボに合ってしまい、個人的な状況としては明るくないこと山の如し(という言葉なんてないような気がするけれど)って感じだったりする。

www.sankei.com

ライター業が泣かず飛ばずで開店休業状態だったので、とにかく生活を何とかしなくてはいけない。そのためここ数ヶ月は派遣会社に登録して、コールセンターで働いていた。しかしそこで、ほぼ一日中怒鳴られるという絵に描いたようなパワハラに遭遇。まぁそれでもパワハラだけならなんとか耐えられるが、(パワハラする人物とは別の人物による)モラハラまで重なってさすがにお手上げとなってしまい、とにかく仕事を辞めることにした。

 

パワハラも何日かすると慣れて何とかなりそうだったところに、詳細はかけないがねちねちとやられたので白旗をあげてしまった。うーん、なんかムカつく。

なんでパワハラがなんとかなりそうだったかというと、相手のいうことが死んだ父親とよく似ていたため途中からちょっと面白くなってきてしまったからだ。やりとりとしては、相手が説明したことに対して私が「つまり○○ということですか?」と答えると、相手に間髪入れず「違う!」と言われ続けるため困惑していた。しかし突然、「あ、これ正解とかないヤツね」と分かって(思い出して)しまい、それから心理的ダメージが3分の1くらいになった。

正確には相手の頭の中だけに1ミリもズレてはいけない正解があるのだけれど、当然他人の私にその正解通りに答えが出せるわけなどない。だからざっくり正解はないと解釈するのが最も正解に近いということになる。

 

それから相手が私に何かを説明するための例え話に関してだけれど、いまいちわかり難い上にクソださいことも、なんでか死んだ父親によく似ていた(これは本当に不思議)。代わりの例え話を私が考えてあげようかなと思ったけれど(実際いい例え話を思いついた)、でもそれを口に出して教えてあげたら相手がめちゃめちゃに怒ることも経験上非常によーく知っていたので、黙っていたこともつまらなかったなー。

 

パワハラをする人はものすごーく気が小さいので、こちらがビクビクしなくなって普通に意見を述べると途端におろおろし出す。私は今回初めて目の前で他人が、「頭を抱える」という動作をするのを見れたことが興味深かった。

 

月曜日(つまり本日)はもう出勤せず、派遣会社の後処理を待つばかりとなっている。

それにしても全く、これからどうしたもんだろう。

 

 

果報は寝て待てという話

子供が『Youtuberになりたい』と言い出したら、頭ごなしに否定せずまずは1本動画を作らせてみてほしい「RPGツクールで挫折したことを思い出す」 - Togetter

昔娘がニコニコ動画に投稿していたけれど、感心するくらい面倒な作業を経て完成させていた。今娘はコツコツ漫画を書いて、コミケに参戦したいという夢を持っている。もちろんスポンサーとして応援するつもり!

2018/04/17 16:36


娘に上記のブックマークでいっぱいスターを付けてもらったよー♪と自慢してみたら、「良かったねー、でも動画をつくるのはかなり面倒くさいんだよ!」と言われた。娘はしばらく作っていなかったけれど、今度は自分のツイッターに動画をくっつけたいと思っていることも教えてくれた。ただし基本的には私にツイッターを見せてくれないので、私自身が娘の作った動画を見ることができる機会はとても少ない(非常に機嫌がいいと、みてみてーと完成したての動画や製作途中の動画を見せてくれたりすることもある)

 

ニコニコ動画せれくちょん~才能の無駄遣い~

ニコニコ動画せれくちょん~才能の無駄遣い~

 

 

togetterのようにやらせてみることには賛成だけれど、それと同じくらい重要なポイントとして子供本人が嫌がったなら作品を見ようとしないことも大事だと思う。もちろん親は子供が何をしているのかが気になって仕方がないのだけれど、できる限り距離をとって放っておくことをお勧めする。そうすると子供は親の目の届かないかつ親がチェックしてある安全な場所で、なんだか面白いことを自主的にやりはじめるのだ。

娘は今年度コミケで自分の書いた漫画を売ることが目標なんだそうだ。今までコツコツ書き溜めてはピクシブに漫画をあげているのだけれど、それをまとめて加筆・修正し一冊の本にして売りたいという野望があるらしい。夏のコミケは初心者には規模が大きすぎるので、たぶん秋か冬になってしまうんだろうが、この企画に関してはぜひ実現して欲しいと母は心から思っているよ。

でも完成しても読ませてくれない宣言をされているのはけっこうなショック!

コミケの具体的な計画をたてる際には、予算やマーケティング(売れなきゃ悲しいので宣伝方法を二人で考える予定)を私にしっかりプレゼンしてくださいと話がまとまっている。

 

コミケの教科書

コミケの教科書

  • 作者: 小山まゆ子とオタクな仲間たち
  • 出版社/メーカー: データ・ハウス
  • 発売日: 2011/12/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • クリック: 19回
  • この商品を含むブログ (2件) を見る
 

 

娘のすることに基本的には反対しないけれど、誰とどこへ出かけるのか?何をするのか?に関しての説明やプレゼンはしっかりとやらせている。理由は、年代の違う相手に理解できるように双方向な会話をすることを覚えて欲しいと思っているからだ。そんな私のプレゼンを聞く時のくちぐせは、「言ってることがわからない!もっと分かるように説明して」だったりする。話を詰めておかないまま曖昧にしておくと、あとからトラブルが起きやすいからね。

去年娘が青春18切符を使って友達と熱海の温泉に入りにいくツアーを行った時には、出発時間がグダグダで遅くて電車の接続が予定通りにいかず、必然的に帰る時間も遅くなってしまい夜11時近くに駅まで迎えにいった。親としては心配で心配で、帰りの電車に乗っているあいだに何度も何度もメールしまくってあわあわしていた。それを教訓にふわっとした話合いではなく、こっちが納得するまで質問、その後は見守って細かいことを気にしないスタンスを取ることになったのだ。

ちなみに友達と熱海の温泉に入りにいくツアーは、めちゃめちゃ盛り上がって楽しかったらしい。コミケ参戦も実現するといいなと心から思っている。しかし娘は間違いなくオタク街道まっしぐらを進んでいて、軽く暦オタになりつつある。漫画をかく上で歴史の知識があると、細部をきっちり詰められるので話に奥行きが出るそうだ。私が本を借りるついでに娘の読みたい本も頼まれたので、にこにこしながら予約してしまったよ。実は娘は、あんまり本を読まない子なんだよね。でも自分の書く漫画の完成度をあげるためには、教養とか知識が必要になることに気がついたらしい。やったね!待ったかいがあったとはこのことだとほくそ笑む母でした。

 

ジョーカー・ゲーム (角川文庫)

ジョーカー・ゲーム (角川文庫)

 

 

特に 昭和初期のころに、心惹かれるらしい。

ダブル・ジョーカー (角川文庫)

ダブル・ジョーカー (角川文庫)

 

 

現代のリスクマネジメントについての話

 

正社員の待遇下げ、格差是正 日本郵政が異例の手当廃止:朝日新聞デジタル

高校生の娘がちょっと公務員的な未来を考えてるみたいだけれど、手のひらクルーがありそうなので親としては反対しとこうと思った。多分私みたいな親が、これから増えるだろうな。

2018/04/13 19:12

 上記の事柄に全然関係ないようで、私の中ではがっちり関連してくることとして少子化問題がある。少子化がいいとか悪いとかには全く関係なく、現代の若者はそもそも子供という存在に慣れていないということが気になるのだ。つまり子供という存在に慣れていないからこそ、子供自体にいい感情を持つことが難しいんじゃないかと思うのだ。

 

f:id:yuriyuri14:20180416055845p:plain

娘の学校行事を聞いていると東京の学校では、学年の横割りではなく縦割りのグループを作って年齢の違う子供同士を馴染ませる試みが当たり前に存在している。ただしうちの娘は、特に一学年下の子達と交流するのがめちゃくちゃ苦手で「あいつ等ムカつく!」とブツブツ文句が多い。まぁうちは一人っ子で親戚づきあいもほとんどないため、近い年齢の子達との付き合いに慣れていないのも関係しているだろうな。

縦割り交流の話を聞いていると、学年を超えた付き合いが上手い子と下手な子にはけっこうな差があったりする。しかも必ずしも長子だから下の子の扱いが上手いというわけではなくて、どちらかといえば上に兄弟がいる子の方が何をするにも慣れているらしい(特にお兄ちゃんのいる次女はテキパキしている)。しょうがないので娘の文句を聞いてやりながら、ひとりひとりときちんと話せば気の合う子が絶対いるから!とアドバイスしておいた(実際面白い子がいたようだ)。

こうしたことから何となく想像できるだろうが、うちの娘は人間関係が器用なタチではない。そういうことを踏まえて将来どうするかなんてこと話しながら安定という意味で公務員も考えていたのだが、(郵便局は公務員ではないにせよ)公務員的な人生の危うさをひしひしと感じるようになって選択肢から消してしまった。ある日(まぁ前振りはあるだろうが)給料体系が変わるなんてことが起こったら、とてもじゃないけれど納得できないだろうし。

■

 

少子化なので今の親は少ない数の子供を大切に育てているし、娘の友達の話を聞くと今の子達は私たちが子供の頃のように兄弟やいとこ同士で派手にケンカをすることも少ないように感じる。これからも政府が手のひらクルーみたいなことをする可能性があるのならば、わが子を守りたい親は冒険なんかさせないだろう。上記のニュースのように正社員の手当てが政府の号令ひとつでなくなってしまう時代に、親はますます大事なわが子を囲い込んでいくと思う。子供はその安全さや快適性から離れることを怖がってしまい、自分が子供を持つどころか結婚することも冒険と考えるんじゃないかと予測してみた。

わが子に関しても、「(絶対欲しくないわけじゃないが)子供は(あんまり)欲しくない」と宣言されている。「とにかく自分ひとりの時間と空間がないと、耐えられない」そうだ。彼女は、プレッシャーにも弱いしね。

 

でも彼女にとっての危険な冒険ともいえる結婚に関しては、絶対にしたいそうだ。結婚していない叔父さん・叔母さんと接するうちに、いろいろと思うところがあったらしい。

 

「危険」のイラスト

 

これからますます少子化が進むことは予測されているけれど、原因としては「お金がない」ことが挙げられている。それはもちろんその通りなのだろうけれど、今の時代を生きる若者にとってお金うんぬんというよりも、子供を持つこと自体が喜びではなく予測できない大きなリスクを抱え込むことになるんだろうなと強く感じる。そして大事なわが子がそう考えるのなら、親としては余計なリスクを持たせたくないと孫をあきらめる人もいるだろう。

なんて面倒くさくて難しい時代が来たのだろうと、ため息が出てしまうよ。

入りやすい入り口から入るのがオススメという話

四捨五入すれば50という年になった身として思うこと、それはなるべく「頑張る」ということから遠くにいたいという気持ちでいっぱいなことだ。新学期だから新たな気持ちとかは全く湧いてこないし、新しいことやしんどいことなんかはできるだけやりたくない。そんな本人の気持ちとはうらはらに、前回の記事では今年度の目標を掲げざるを得ない現状を書いていたりする。

 

yuriyuri.hatenadiary.com

まぁこれは「数年のうちにしなくてはいけないこと」だったので、仕方がないとあきらめているのが本当のところだけれど。

基本的に私の性格は、頑張りやでも前向きでもない。人見知りかつできるだけ最短距離で楽がしたい派。だから何か難しいそうなことを知りたいと思った時には、図書館で「マンガでわかる○○」みたいなシリーズを借りては読んでいる。このマンガでナントカというジャンルは案外充実しているのだが、それにはけっこう納得できる理由が隠されているらしい。

京都精華大学は日本で初めてのマンガ学部を創設し、現代の若者たちにマンガの描き方を教えている。去年退任してしまわれたのだが、学長がマンガ家の竹宮恵子氏でマンガ家の育成やマンガビジネスに非常に力を注いでいるのだ。もちろんこの大学を卒業したからといって皆がマンガ家になれるというわけでもないのだけれど、「マンガで食べていく」つまりマネジメントという視点があることには感心した。

「竹と樹のマンガ文化論」という本で、こういったマンガ界の現状について竹宮氏は内田樹氏と対談している。

竹と樹のマンガ文化論 (小学館新書)

竹と樹のマンガ文化論 (小学館新書)

 

 マンガ家としての苦悩や歓びだけではなく、後進の育成について体系的に捉えていることには驚かされた。前述した「マンガでわかる○○」シリーズは、新進のマンガ家入門になっているそうだ。マンガ家たちは、こうした入門書を描くことで読む人のために描く感覚が掴めるようになるらしい。確かにマンガ学科を出たからといってマンガ家で食べていけるという保障などないのだから、実践編として「マンガでわかる○○」シリーズはプロとしてのチャンスと言えるだろう。ここ数年本屋に「マンガでわかる○○」シリーズが当たり前のように並べられているのは、こうした背景があったということなのだ。

しかし竹宮氏がマンガを文化として捉え、後進を育てることを自分に課していることには驚いた。竹宮氏はマンガ学科だからこそ一般教養を含むいろいろな知識を学ぶべきという考え方を持ち、大学のカリキュラムに工夫をしていることは素晴らしいことだと思う。

以下私が読んだ「まんがで○○」シリーズ。

まんがでわかる 7つの習慣

まんがでわかる 7つの習慣

 

 

マンガでわかる! マッキンゼー式ロジカルシンキング (まんがでわかるシリーズ)

マンガでわかる! マッキンゼー式ロジカルシンキング (まんがでわかるシリーズ)

 

 

まんがで身につく ランチェスター戦略 (Business ComicSeries)

まんがで身につく ランチェスター戦略 (Business ComicSeries)

 

ランチャスター戦略やゲーム理論は名前だけ知っていたのだけれど、活字で読むと目がチカチカしてくるので。

マンガでやさしくわかるゲーム理論

マンガでやさしくわかるゲーム理論

 

 あとは統計学関係。全く基礎がないのだけれど、興味だけはある。でもこれだけでは全然入り口にも届かないかな。活字で読もうとしては挫折してしまうのが残念。

マンガでわかる統計学

マンガでわかる統計学

 

 一番最近読んだのがこの本だけれど、絵が可愛らしすぎて私としてはいまいち。古典に関しても興味はありつつ、入り口でモタモタしている状態だ。

まんがで読む 万葉集・古今和歌集・新古今和歌集 (学研まんが日本の古典)

まんがで読む 万葉集・古今和歌集・新古今和歌集 (学研まんが日本の古典)

 

 マンガよりこっちの方が面白かった。

百人一首がよくわかる

百人一首がよくわかる

 

 

 アラフォーやアラフィフの年齢で活き活きとアクティブな人は本当に尊敬するけれど、根が適当なところがあるせいなのか自分が頑張ろうとか全く思わない。でもやたらにものごとの仕組みを知りたいという困った性質を持っているので、なんで最近「マンガでわかる○○」シリーズが増えたのかが不思議で仕方がなかった。これは需要(さくっと要点だけ理解したい読者)と供給(売れやすいマンガを出版したい編集者)が上手く成り立っているということなんだろうな。(出版不況は年々厳しくなる一方だと聞くし)

ちなみにこんなのもあるのは、皮肉と言えばいいのだろうか?面白かったけれど...。

いま出版が危ない!!―マンガでわかる再販制度

いま出版が危ない!!―マンガでわかる再販制度