読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ところでロマンチックを知らせる回覧板は、いつごろ回って来るのか

放送大学に関すること、及び読書その他についてをゆるゆると語る

月の裏側は見えないという話ー『ど根性ガエルの娘』の感想その2

 

月の裏側は見えないという話ー『ど根性ガエルの娘』の感想 - ところでロマンチックを知らせる回覧板は、いつごろ回って来るのか

私にしては多くの方々に読んでもらったので満足していたのですが、テーマというかマンガの持っている破壊力が凄まじかったせいなのか書き足りない!と感じる部分があり、その2を書きたくなりました。

 

この『ど根性ガエルの娘』というマンガを家族の再生の話だと捉えただとか捉えなかったとかでブックマークが盛り上がっているのを読みながら、私自身の感想があまりに違うことが軽くショックだったのです。

 

 

もはや映画の羅生門。誰が真実を語っているのか、誰も真実を語っていないのか、そもそも真実はあるのか。

 私の感覚としてはこのid:rjjさんの感想がかなりしっくりくるような気がしましたね。つまり真実なんてものはそもそもないんですよ。もしくは登場人物のそれぞれがそれぞれの自分だけの真実を心に持っている。

 

羅生門 デジタル完全版 [DVD]

羅生門 デジタル完全版 [DVD]

 

 

これは全くの私の勝手な想像でしかないのだけれど、作者というか彼女は、描かないと死ぬくらいまで追い詰められていたんじゃないかと思う。何を描こうとか結末をどうしようとかではなく、彼女にとっての「お父さんと私の話」をおそらく描かないとおかしくなっちゃうから描いたんだと思う。だからこの超個人的な話を筋道たててきちんと捉えようとすれば捉えようとするほど、理解すれば理解しようとすればするほど他人にはめちゃくちゃに思えてしまうだろうし、人によっては騙されたような気すらしてしまうかもしれない。

大体描かれていることが全部本当かどうかなんて確かめようもないし、確かめても仕方ないんだよね。

 

それから毒親という表現が出てきますが、それよりも私には彼女が父の娘*1であるという側面を強く持っているのではないか?と思いました。彼女の母親に対するこだわりは、父親ほどではないことからの推測です。

父親ああいう非常に困った人物だったことで、大小のさまざまなもめごとが家族の中で起きたのだけれど、それとは別に彼女は父親との関係にこだわり続けている人(現在形で)なんじゃなかなーと。弟さんは父親に対してそこまでの精神的なこだわりがなかったから、父親とそれなりの関係を築けたのかもしれないなーなんて勝手に考えてみました。

 

でも全ては私の勝手な推測でしかないので、結論はあってないようなものですが、もしかしたらあれは彼女がお父さんへ向けて描いた愛憎の入り混じったラブレターみたいなものかもしれないな、なんて思ったりもします。(さすがに強引か?)

 

 

結局他人の月の裏側は見えないし、わざわざ見る必要もないんじゃないかと思うんですが。

*1:平たく言ってしまえばファザコン。父と精神的に密着する娘のこと。ユング派の女性分析家によって1980 年代に生み出された概念。「父なるもの」の強い影響下にある女性といった意味をもっている。フロイトはこれを男児とは異なる女児エディプス・コンプレックスであるとした。

月の裏側は見えないという話ー『ど根性ガエルの娘』の感想

 

yuriyuri.hatenadiary.com

 正月を挟んで2週間近くに渡って続いた娘の私の戦いの結末は、お互い物理的な距離をとることでまるで何事もなかったかのように収まった(と思う)。

彼女はどうやら私が母親であると同時に、母親も自分と同じ人間であることを理解したらしい。色々と思うところはあったようだが、実際彼女が何をどう考えたのかなんて分からないし、別に知る必要もないと思う。重要なことは自分ではない他人と一緒に暮らす時には、何らかのルールが必要だということを納得してくれたことで、“私たち”はこれからも日々を共に過ごしていける(と思う、多分)。

 

togetter.com

公開されているものを読んだ私の感想としては、以下の通り。

 

エッセイ漫画『ど根性ガエルの娘』15話 全てひっくり返る衝撃の展開に戦慄…田中圭一『ペンと箸』と併せて読むとより恐ろしい - Togetterまとめ

才能と人格は全く別。人は自分の安全のためならなんでもやる。

2017/01/21 13:19

b.hatena.ne.jp

 

ふと、この“何でもやる”という部分についてのもっと詳しい解説を書きたくなった。

この何でもやるは、家族全員についての感想だ。父親、母親、娘、息子全員。ああいった家庭にいる時が一番緊張するという機能不全家族のメンバーたちには、家庭の中での決まった役割と絶対に間違えてはいけないセリフがある。家族の中にがっちりとしたヒエラルキーがあるので、脚本を書くことができるのはその家族の中で一番偉い人、つまりヒエラルキーの頂点にいる人物だ。(この場合は父親

“あれ”は疲れる!っていうか常に緊張を強いられるので、生きているのがヘトヘトになる。ついでに言えば、脚本は一番偉い人の「気分次第」でどんどん変わるので、他のメンバーは瞬時に対応していかなくてはいけない。なんでかなんて理由はない。ものごころついた時にはもう“そう”だったとしかいいようがないから。

 

ど根性ガエルの娘』の作者はヒエラルキーの一番下の身分だ。家庭内ヒエラルキーは自分の努力ではなんともならない。だから彼女は結婚して“家の外の世界”に逃げた。

 

地球の上で月を見る時には、位置を移動したとしても、月の裏側が見えない

月の裏側が見えない理由を教えて下さい。 - 月そ... - 天文、宇宙 | Yahoo!知恵袋

家庭内に安全がないということは、普通なら見えないはずの月の裏側を見ているようなものではないか?と昔からぼんやり思っていた。セリフをしくじると見えないはずの暗い部分が目の前に浮かびあがってくる。正しいセリフ、正しい動き、正しい笑い方、頭の中にあるのは「間違ったのか?間違っていないのか?」味方は一瞬で敵になるから、兄弟や母親といえども気を許しすぎてはいけない。

 

マンガの中に土下座するシーンがあったが、妙になつかしかった。私も何回が土下座させられたよ。あんな風に泣きながらではなかったが、高校に進学する時と大学に進学する時。理由は「お父さんがそうしろと言ったから」by母親(感謝の気持ちを態度で表せということらしい、100%思いつきだろうな)

 

我が家に関して家庭内ヒエラルキーが崩れたのは、妹がバリバリのヤンキーになって父親ボコッたことで家庭内一番強いヤツが変わったことがきっかけだったけれど、普通は親が年をとり、なんとなくなんとなくガチガチだったヒエラルキーがなし崩しになっていくようだ(これに関しては実はさっぱり分からない)。多分作者にとって父親が死んだことは完全に予想外だったと思う。脚本の結末としては、もっとゆるやかな親と子の手打ちみたいなものを望んでような気がする。でも父親が作者に黙って勝手に死んでしまったわけだから、彼女は自分で脚本を書く必要がでてきたということだ。従って自分の側から見た真実を描きなぐるしかないということになったわけだ。(だって途中で脚本家がいなくなっちゃったし)

ところでああいう家庭環境においては、弱ったり死んだりした方が負けなんだよね。最後まで踏ん張ったヤツが、好きなように脚本の結末、家族の歴史を創ることができる。だからあの一家にとっては、『ど根性ガエルの娘』が公的な家族の歴史資料になったということ。

 

人は自分の(心と体の)安全のためならなんでもやると思うよ、どんなことでも。

 

 

 

yuriyuri.hatenadiary.com

 

yuriyuri.hatenadiary.com

 

 

“性的ファンタジー”についての話

元旦から辛気臭い記事が続いたので、多少明るい話題をと思い、個人的に興味深いなということでこの方の記事を取り上げさせていただきます。

cropcrop01.hatenablog.com

これは文字通りスマホ漫画のバナーを分析したものなのですが、記事自体の人間のミもフタもない欲望に対しての分析の面白さに加えて(広告の男女の違いには吹いた!)

  

あと、これはまた別の話ですがこれらの広告って普通に全年齢に表示されてると思うんだけど(だからこうして貼ってるんだけど)流石にもうちょいゾーニングされるべきだし、PC意識も足りな過ぎると思う(ゲイやレズビアンという性的指向をこんな異性愛者の勝手な欲望のために便利使いしちゃダメだ…) 0:58 - 2016年4月8日

2016年の女性向けスマホ漫画広告を振り返る(前篇) - 自意識ドットコム

 

やっぱり、この「ゲイだけど自分(女)だけには欲情してくれる」という性的ファンタジーをむやみに撒き散らすのは、ポリティカル・コレクトネス的にはNGじゃないかと思うんですよね。

2016年の女性向けスマホ漫画広告を振り返る(前篇) - 自意識ドットコム

 この意見にはうならされました。

私自身はいい大人なので、広告を見ても「ああこういうのが今流行ってるんだ~」くらいにしか思わなかったのですが、都合のよい“性的なファンタジーを撒き散らす”ということでもあるという視点が欠けていたなと。

中学生の娘持ちとしては、「はっ!」とさせられましたね。自意識ドットコム様にはお礼を言いたいです。ありがとうございます。

 

自分の中にある何となくの性に対しての常識というか思い込みというものの一部が、どういう形で無意識に影響を受けているのかを改めて認識できたと思います。特に今の十代の子供たちが、こういったスマホのお手軽な広告に、多大な影響を受けるだろうなと思わされました。

 

去年くらいから娘の話の中に、「友達の彼氏がどう」とか「あの子は好きな子に相手にされていない」などの話がかなり具体的に出てきており、母親としてはそろそろ娘に初彼氏ができるのか?みたいな流れもあるわけです。そういった話の時にはなるべくフラットに娘の話すことを聞くように心がけてはいます。ちょっと気になるのが、どうも娘の友達にLGBTっぽい子がいるらしい(雰囲気とか話す内容などからすると)。その子に対して“取り扱い注意”とまではいかなくとも、娘がいろいろな場面でどういう態度を取ればいいのか聞かれた時の参考になりました。しかも娘とは今年、ガラケーからスマホに買い換える約束もしているので、そういった意味でも非常にタイムリーな記事でしたね。(もちろん娘は現在PCでエロ広告も見たりしていますが、スマホならもっと気軽にクリックすることが当然予想できる)

※後編の記事も楽しみにしています。(しかし“オネエ旋風”が吹き荒れていたのか、なんかこれから広告をみるたびに“オネエ旋風”という言葉が頭に浮かびそうだ)

 

 

 

長年に渡るひっかかりに、一区切りをつけた話

あまり明るい話題ともいえませんが、終わり方はそんなに暗くはないつもりです。

togetter.com

“ずっとこの問題が頭のどこかを常に占領している。ある時このことに解決の二文字はない!と思うことにした。自分は被害者でもあり、(娘持ちの自分は)加害者でもある。でもそれは私の人生の全てじゃなくて一部分だ。”

 

私は実家にいる家族とあまりスムーズな関係を保っていない。ある意味元凶ともいえる父親は数年前に亡くなっている。

 

yuriyuri.hatenadiary.com

 

yuriyuri.hatenadiary.com

 娘の冬休みに彼女との関係にどうにも絶えかねて娘を実家に預かってもらったのだが、預かってもらうことには直前まで悩んだ。私は結局自分の母親とか兄弟を信用していない部分がある。そのことはお互い解っているし、修復が難しいこともやはりお互い解っている。

それとは全く関係なく、娘と実家の関係は割と良好だ。もちろん意識して私が仲を取り持ってきたということもある。私が彼らと上手く関係を築けないことと、娘とは全然違う次元の話なので。

娘には変な風に隠し事はしていない。“死んだおじいちゃんは、あんまり男性としては大人っぽくない(成熟していない)部分が多くあったけれど、彼は彼なりに一生懸命だったんだよ”なんて上手いこと説明しているけれど。

 

yuriyuri.hatenadiary.com

 実母は私の中で、父親とセットになっているんだと思う。なんというか、私は母に対して、彼女がわが身可愛さに常に不機嫌な自分の夫に、自分の子供を差し出していた(少々言いすぎか?)と感じていたフシがある。母の年齢からして(70過ぎ)よくあることと言えばそれまでなのだが、自分の人生に明らかに満足していない男性の気まぐれな不機嫌に長女として延々と付き合わされた身としては、もやもや感が捨てきれないのは確かだ。

 

今回の娘の帰省は、実はもっと短い期間(3泊4日)の予定だったが、急遽私の勝手で前倒しにして、事後承諾で押し切った。娘を家から送り出した後に、母に電話にして始めは冷静に状況を説明していたのだが、突然感情がこみ上げてきて涙を流しながら声を詰まらせてしまった。

 

母は私に「いいから、いいから預かるよ。ゆっくりしなさい」と言ってくれた。まぁそう言うだろうなとはわかっていた。彼女は物事の根本的な解決策を出すことができるタイプの人ではないし、そのことがイビツとも言える夫婦の結婚生活を保つ方法でもあったので。私はそのやり方に本当に傷つけられてきたし、今でも正しかったとは思えないけれど、今回その“なあなあ感”に救われたことは確かだ。現状を娘と私の関係だけでとらえると、とりあえず解決方法はないし、いったん物理的な距離をおいてクールダウンするのがベストだと思う。

 

関係をはっきりさせすぎないやり方が正しいのかどうかは分からないけれど、10日以上の黙って未成年の子供を預かってくれる場所なんてどこにもないので、今はその“なあなあ感”に助けてもらいながら、娘がもう少し大人になるまでの時間を乗りきろうと思う。

 

 

 

 
 

 

 

 

 

新年、あけましておめでとうございます

昨年後半は諸事情でろくにブログも更新できず、年末になんとか書き上げようとしたものが、しょうもないグチになってしまい、失礼しました。

 

yuriyuri.hatenadiary.com

 今年はもう少し頑張って更新していきたいです。(できる範囲で)

※子供が本気で進級が危うくて(中高一貫校です)成績不良で学校への呼び出しのたびに先生方の(学校から)出て行って欲しいんだろうなぁという気持ちをひしひし感じていました。プレッシャーが厳しくて、でも成績表を見ると.....みたいな。

高等部には進級できることになりましたが、単位を落とせば留年だそうです。

実は私の仕事もなくなってしまったものがあり、そっちもなんとかしなくてはいけないので、ため息をつきつつ、ですが。

 

yuriyuri.hatenadiary.com

 

 

yuriyuri.hatenadiary.com

 

子供を家から追い出した

そう、文字通り今日中(25日)に出て行ってくれ!と追い出してはや一週間.....。ちなみに子供は中学3年生だ。

 

ここ半年くらい、心身共々不調でブログはほったらかしだった。何かまとまったことを書くことができなくなってしまい、夏ごろは気軽にブックマークですらできないほどだった。それらの理由についていろいろ書いても面白くも何ともないので、まとめて更年期としておいて下さい。

やっと最近どん底は抜けたかな~というところで、娘がドカンとヒステリーを起こし、私の体をたたきながら「てめぇ、うるさい!」とののしりまくるという、なかなかにヘビーは事態が起こったので、彼女が冬休みだったのを幸いに実家へ行って貰った、というか前日バトルした後に11時過ぎまで寝てたところをたたき起こして

「今日、実家帰って!冬休み中戻ってこなくていいから」

と言い渡してスーツケースに着替えと宿題を詰めさせて家から追い出した。

f:id:yuriyuri14:20161231232758p:plain

ノンフィクション風に言うなら「母子家庭の闇」といでも書けばいいのだろうか?とにかく母親(私)の責任が多すぎて、一人の人間をまっとうに育てようとしながらも自分の仕事と人生もなんとかしようとすることにヘトヘトなんだと思う。

 

といいつつも頭の片隅で、最近娘は私にガミガミ言われなくても自分で勉強ができるようになってきたし、宿題を忘れる“率”も減ったし(忘れないとは決して言わない)、忘れてもそのままほって置いてあとでとんでもないことになることもなくなったし(数ヶ月提出物をためた後、親子で呼び出し)、体調管理もかすかに自覚が出て安定してきたので、多分実家に10日以上いかせても大丈夫だと計算していたことは確か。

 

15歳は中途半端な年齢だと思う。ロリコンにはたまらない(スイマセン、不謹慎ですね。でも独特な魅力があるなと思う)大人と子供の中間をふらふらしながら日々変化していく年なので、若人にとって母親はただのサンドバックでしかない。彼女に見えているのは自分と友達と、先生がちょっとだけ、みたいな。親は“見えない存在”で多分どうでもいいんだろうし、それは割と健康な15歳の姿だと思う。まぁ普通の子供なんてそんなもんだろう。

 

彼女が彼女なりにいろんなことを考えているのも解っているけれど、おそらく親離れより子離れの方が何倍も大変なんだろうと感じることは確かだ。向こうのペースを見ながら、こっちも上手く離れていかなくてはいけない。(感覚的には)自分の一部だった娘が一人の人間になっていく過程を見つめつつ、こっちも心身ともにしんどい時期(40代)なので、ぼちぼちとごまかしごまかしやっていくしかない。

 

実家にはワイロを送っておいた。

 

 

 

 

 

 

できないことはできないという話ー「ダメをみがくー女子の“呪い”を解く方法

久々に本の感想を書いてみる。

 

女オンチ。 女なのに女の掟がわからない (祥伝社黄金文庫)

女オンチ。 女なのに女の掟がわからない (祥伝社黄金文庫)

 

 深澤真紀さんというコラムニストの方が書いたエッセイの中で宣伝されていた、「ポストライムの船」で芥川賞を受賞された津村紀久子さんとの対談本が、対談本好きとしてはなんか面白そうだったので、読んでみた。

 

 女性同士の対談本にしては、褒めあっていないし、分かりにくくマウンティングもしていない、前に読んだ中村うさぎさんと作家の三浦しをんさんとの対談本にテイストとしては近いけれど、あくまで私の印象としては一回りくらい年の離れた津村さんに深澤さんがどこか甘えているように思えたのが、妙に微笑ましかった。(津村さんは姉御肌なところがあると思う)

実は私は津村さんの本を2冊くらいしか読んだことがない。女性作家にありがちなキャラクターの濃いタイプとは真逆な方のようで、淡々とした作風なのは覚えていたのだけれど、ご本人の他人への距離のとり方(特に母親!)には驚いた。基本的にこの本に書かれていることで一番重要なのは、自分の母親といえども気が合わないこともあるので、特に親しく付き合わなくても良いという世間的にはあまり大きな声で言えないことが、はっきりと主張されていることだろう。

そしてここでもう一つ恐ろしいことを書いてしまうのだが、タイトルの一部にも使われている女子の“呪い”を解く方法での呪いをかけたのは誰か?という問題が唐突に浮かび上がる。浮かび上がった問題に対して答えを出してしまうけれど、この呪いをかけるのはもちろん女性自身(または実の母親)だ。

深澤さんは、皮肉でもなんでもない素敵なご両親に恵まれた家庭のお嬢さんで、そのことには心から感謝しているのだけれど、どうしても自分の両親、特に母親とそりが合わないことで結構なトラウマを抱えてきたらしい。母親はいわゆる世間でいうところの毒親(毒になる親)というのではなく、本当に価値観が全く合わないので、何年もあっていないそうだ。(正月に会わないのがポイント)

津村さんは父親を亡くされて母親と弟さんと暮らしているそうだが、(家賃が勿体無いからという関西人テイストな理由)やはりびっくりするくらい母親とはそりが合わないので、ある時共同生活をしてくために、生活の上であまり係わり合いにならないやり方をしていくことを話し合ったそうだ。こちらも親子で相性が悪いだけで、津村さんは母親の良い部分も普通に認めている。実の母娘の生活がシェアハウスで暮らしているように淡々として(この表現2回目)いることに、津村さんの頭脳の明晰さと器のデカさを感じてしまった。(私にはどうしても同居も近居も無理無理!)

そう、私自身も自分の母親を毒親と言いいきるつもりはなく、意外と長い年月がかかってしまったものの「(かなり)相性が悪い」んだろうなぁということを認めるに至った一人だ。

でも「何のかんのいっても親子」とか「いつか分かり合える日が来る」系の人々にとって、この本はちょっとどうかと思うことが書いてあったりする。しかも毒親を持っている人にも、「相性の一言で疎遠にしているだけなのでは?」とか「悪い親ではないのなら、もっと努力したり自分から歩みよったりすればいいのでは?」と言われてしまうかもしれない。

でも私には親子、特に母娘関係に関して「うまくいかない家族関係はあきらめた方がいい」と文中さらりと断言してくれることが大変ありがたかった。なんでもかんでも深い理由を追求しないで、親 や血縁関係を含めて、人間関係そのものをもっと多層的にとらえコミュニケーション能力を磨くことを目指さなくてもOKと言い切る二人の対談は、なかなかに腑に落ちる部分が多かった。「尊敬しあう、高めあう関係」でなくてもいいとか、「なんで歳をとってまで可愛くなくてはいけないのか」などと言い合う二人に「私も、私も!」と手を挙げて発言したい気持ちにさせられたよ。

 

yuriyuri.hatenadiary.com

 

 

yuriyuri.hatenadiary.com

それから“呪い” に関してもう一言。現代は女性の時代なんて言われているが、そんなに何もかもできねーよ!ということも含まれていると思う。

本に書かれていたことでもあるが、


・女性は共感力が高く

・バランス感覚があり

・世界を救うために反原発運動にも率先して参加し、

・社会をよくしていくことができる

なんてことをフツーに思っている人も(恐ろしいことに)男女関係なくいたりする。私自身性別は女だけれど、共感力が高いタイプでは全然ない。自分の娘にもよく「言ってることがよく分からないので、主語と述語を意識して、もう一回ママに理解できるように話してね」(略して主語、述語で最近は娘に通じる)というのが口癖なくらいだ。

しかしこういった他人との距離のとり方をするタイプの人間は、間違いなく少数派だろうなと感じてきた自分にとって、この二人は会話は物凄いリアリティがあったということだけは、主張しておこうと思う。