ところでロマンチックを知らせる回覧板は、いつごろ回って来るのか

放送大学に関すること、及び読書その他についてをゆるゆると語る

ベッキーよりよっぽと気になったことがあったという話

文字通り、ネットを賑わしている金スマでのべッキーの謝罪(なんだよね?)とそれを受ける中居君についての雑感ですね。

実は私は、当のベッキーより中居君の見事な采配ぶりに本気で驚いたんですよ。
まず最初に彼はベッキー

・嘘をつくな
・言えない、もしくは言いたくないことがあったら、そのことは言いたくないと言え

と話すわけですよ。これがまずスゴイよ!なんというか現役アイドルの言葉じゃないでしょう。(ちょっと失礼かな)だってアイドルというものは 、そもそも虚像を売る部分があるわけですし。

その後も出過ぎず、引きすぎず、絶妙なところで全体をコントロールしながら、ベッキーが現在の時点で世間から持たれているであろうマイナスのイメージを大分減らして、少なくとも賛否両論のところまで持ってきたし、人によってはプラスイメージすら抱いたと思う。

もう私は中居君の一挙手一投足を食い入るように見ていました(一回しかYouTubeて見てないけど)
番組自体もベッキーのためにもきっちり演出していたけれど、(別撮り、二人きり、日本家屋で囲炉裏っぽいものを囲んで、で も何か食べたりとかせず、ゆっくりしたカメラの動きなど)

昔、私は中居君を「うたばん」という番組で見た時 大変失礼ながら、なんか品のない話し方をする子だろうと思ったことがあるんですよ。だからそれ以降、あんまりちゃんと見てなかったんです。別にジャニーズファンでもないし。

今年SMAP解散騒動があったじゃないですか。詳しいわけではないから、その時はジャニーズ事務所も芸能界も怖いなーくらいの感想しかなかったのだけれど、中居正広という人が、いろんなしがらみを背負いながら、苦いものを飲み込みながらやってきたんだろうなと、なぜかベッキーとの番組でのツーショットを見て感心してしまいました。(悪いけどベッキーにはほとんど興味をひかれなかった。別に特に嫌いとかではない。中居君のおかげで復帰のめどがたったと思うので良かったんじゃないかな)

要は、中居正広という人に知性と懐の深さを感じたということですね。

同時に番組を成立させるためのしたたかさも感じました。でも不快ではない。

ここまで一気に書いていたら、スマホの電源が切れそうなので、いったん終わりにします。
多分続きを書く予定。