ところでロマンチックを知らせる回覧板は、いつごろ回って来るのか

放送大学に関すること、及び読書その他についてをゆるゆると語る

ポイントカードと個人情報についてのジレンマ

去年はろくにブログを更新しない上に、更新したらしたで子育てのグチが多かったので、反省して他の話題を書いてみようと思う。

年末にちまちま掃除をしていたら、なくしたと思っていたポイントカードを発見した。

 

 再発行してまで使いたいと思っていなかったので買い物の際に使うようになったのだが、実は私はポイントカードというものがあんまり好きじゃない。理由はカンタン、自分が日々どこで何を買っているのかを、他人に知られたくないからだ。アレは要するにビックデータを集計するための端末なので、自分のデータを提供する変わりにポイントをもらえると捉えている。

自分の日常の行動をデータ化されて、誰かに知られることに耐えられない、、、といいつつポイントカードが見つかったので、使っているんだけれど。

多分、10代20代の時に母親が私の日常生活を細かく知りたがったことが、ポイントを嫌がる原因だろうと思う。とにかく母親は私が日々どんな友だちと何をして、どこに行ったのかを知りたがる。別に知りたい理由はないらしいのだが、とにかくディテールをやたらに聞いてきた。何とかごまかそうとしても、果敢に(形容詞として正しいかどうかは判断できないのだが)あきらめたりしない。私の母は非常に記憶力の良いタイプの人なので、高校時代の私の好きな人の家族構成や進学先なんかを、10年以上たっても忘れなかった。特に友だちの進学先なんかが大好物で、母はその人が「どういう人物か」に興味があるわけではなく、要はスペックで人を覚えているタイプらしい。

ポイントカードと母の記憶力とが直接関係していないことなんて、今の私は充分解っている。でも自分の行動が自分以外にデータとして蓄積されている事実が、どこか気味が悪いと感じてしまうのだ。それに自分自身のデータを売ってお金に換えているということに、他の人は無自覚なんだろうか?多分私が神経質過ぎなんだろうな。

 

だから私はポイントカードそのものを、なんとなーく作った一枚しか持っていない。でもよく行くスーパーで「ポイントカードをお持ちですか?」と聞かれると、時おりモヤっとした気持ちがしてしまう。(毎回律儀に聞いてくる店員さんと、それを毎回さえぎる自分のこだわりについて)自分でもつまんないことを気にしているのは理解しているのだけれど、そのつまんないことで人間のディテールはできているような気がして仕方がない。