読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ところでロマンチックを知らせる回覧板は、いつごろ回って来るのか

放送大学に関すること、及び読書その他についてをゆるゆると語る

恋とはどんなものかしら?-続・ベッキーよりよっぽど気になったことがあったという話

前回の続きです。

 

yuriyuri.hatenadiary.com

 もう少し書きたかったこと、前回あまり興味がないと書いたはずのベッキーについての話です。

 

私はベッキーにも不倫にもあまり興味をひかれなかったのですが、彼女とそのお相手の組み合わせを聞いた途端、反射的に思ったことがありました。それは

ベッキーって音楽で成功することを諦めて、“成功したミュージシャンの妻”になる方向にシフトチェンジしたのかな」ということです。

ベッキーが歌手ベッキー♪♯としてCDを出していることは知っていましたが、正直どんな曲だったのかは思い出せません。試しに聴いてみましたが、可もなく不可もなくという印象でした。正直歌手・ベッキ♪♯ーよりタレント・ベッキーの方が何倍も魅力的だと思います。(大体ベッキーの後についている♪♯からしてちょっとダサい・・かな。ファンの方すいません)

タレント・ベッキーは確か音楽番組のMCもしていますよね。でも歌手・ベッキーは音楽番組にしょっちゅう出てくるというわけではないようです。(私が知らないだけ?)

反対にゲスの極み乙女というバンドの川谷絵音という人は、彼の音楽センスというか才能で売れた人です。いわゆるイケメンでもないわけですし、何がベッキーをひきつけて不倫へとつきすすませたのか、どうして“彼”でなければいけなかったのか。だってベッキーは十分美人で努力家で、画面で見る限り賢そうだし、多分モテると思います。

そのベッキーが努力しても手に入れられなかったのが“売れっ子ミュージシャンとしての自分”なのではないかと。

これはあくまで私の勝手な推測ですが、自分が思い描いていたような音楽活動ができないベッキーは、その代わりに売れっ子ミュージシャンを支える彼女そしてのち妻になることで自分自身を納得させようと、折り合いをつけようとしたんじゃないかなぁと。

ベッキーに限らず、人は手が届かないものやどうしようもないことにぶちあたった時、諦める代わりに心酔する、つまり(対人においては)恋に落ちるという方法をとることがあります。

イソップ童話のすっぱいブドウの話のように「あんなもの本当はたいしたことない、欲しくない」といって悪態をつくやり方をする人もいますが、全く反対にキャー素敵!とうっとりして無抵抗になってしまう人もいます。ベッキーはお年頃ということもあり、後者の恋に落ちる方式をとったんじゃないのかなーと思ったわけです。

そうすれば彼女の音楽に対しての思い入れもミュージシャンの妻として音楽に関わりながら彼の音楽活動を支えるといういい感じでおさまるわけですし、そろそろ結婚どうしよう問題も解決できる。ベッキーにとっては一石二鳥だったんじゃないかと想像してしまいました。

でもこれはあくまで私が勝手に考えた“ベッキーはなぜ彼を選んだのか”の推測なので、勿論実際はわかりません。

 

心こめて/ハピハピ(初回限定盤)(DVD付)

心こめて/ハピハピ(初回限定盤)(DVD付)

 

タレント・ベッキーも歌手・ベッキー♪♯も彼女にとっては大切な自分であり、どちらのベッキーも恋することができる相手が“彼”だったのかもしれませんね。