ところでロマンチックを知らせる回覧板は、いつごろ回って来るのか

放送大学に関すること、及び読書その他についてをゆるゆると語る

表に見えてるものが全てではない

やっと読み終わった。

なかなか読み応えのある本で、安部首相に対する見方がまるで変わったと思う。


もとから私の安部さんのイメージは、メディアに垂れ流されたものと、雑誌などで書かれたものを少々読んだ程度なので、大したことを知っているわけではない。

かなり失礼だけれと、ちょっとこんな感じ。

でも著者の政治記者の目を通した安部さんは、

こんな感じらしい。

二回目の安部さんのしたたかさと用意周到は、一回目の比ではなく、
本を読み終わった印象としてはむしろ

こっちに近くなった。

どんなにボンボンに見えても(あくまでプロフィールによる一方的なイメージです)、政治家おそるべし!
一回目と二回目とは、別人ととらえても良いくらいだ。