ところでロマンチックを知らせる回覧板は、いつごろ回って来るのか

放送大学に関すること、及び読書その他についてをゆるゆると語る

良い人なのか、悪い人なのか、それが問題だ!

獄中記 (岩波現代文庫)

獄中記 (岩波現代文庫)

 

というのはウソで、佐藤さんは博覧強記の上に、凄まじい経験をしている人なので、良い人なのか悪い人なのかは、ほぼどうでもいいような気がする。

 

まあ私ごときの知識量では、佐藤さんがどんな人なのかは判断ができそうにない。

 

どんなキッカケかはもう忘れてしまったのだが、佐藤さんの本を愛読するようになり、上記の『獄中記』は圧倒されつつ読んだ 記憶がある。

 

当時書いた読書メモには、“外務省の職員 としては、『びっくりするほど優秀な手足 (部下)』という印象。ただ頭(総理大臣) に恵まれなかった“

 

また“ある種のカリスマ性はあるのだろう が、小泉元首相の短絡的な判断については、何ともいいようがない“と感想を書いていた。

 

今佐藤さんの

を読み返しているが、何とも掴みがたい人物だとしみじみ思わさせる。

 

佐藤さんの読んでいない本が何冊かたまっていて、しかも一回読んだだけでは歯が たたなかったりする。

ワカラナイ [DVD]