ところでロマンチックを知らせる回覧板は、いつごろ回って来るのか

放送大学に関すること、及び読書その他についてをゆるゆると語る

読書

続・梅と私と和歌

「新古今和歌集」のスターな藤原定家 また、梅です。しつこいですね、すいません。 yuriyuri.hatenadiary.com ということで、今週のお題である「行ってみたい時代」は、鎌倉時代です。そして橋本治曰く、文学青年であり、おたくでもあったという源実朝と会い…

梅と私と和歌ー橋本治による古典解説

ところでこの実朝の詠んだ和歌で、 わが宿の梅の初花咲きにけり 待つ鶯はなどか来鳴きぬ *私の家では最初の梅の花が咲いた。鶯を待っているんだけれど、どうしてだろう、来て鳴かないんだ という歌があります。印象としては「寂しい歌」で梅は咲いたけれど…

リアリティは人を救わない-魍魎の匣(はこ)*追記あり

鉄のハコに入った、手も足もない美しい少女とそのハコを抱いて旅する男。 そんなことありえないのに、私は本に書かれた二人(?)の儚い姿を、鮮やかに思い浮かべることができる。何一つ羨ましくはないはずなのに、自分のまぶたの裏に見えるその光景に、胸を…

私とあなたの間の○○について

TVと私の現在ここ数年TVを見なくなってしまったにもかかわらず、TVガイドとかテレビブロスとかは必ず目を通す。TV Bros (テレビブロス) 2015年9月12日号作者: 東京ニュース通信出版社/メーカー: 東京ニュース通信発売日: 2015メディア: 雑誌この商品を含む…

溺れる前のマルクス

の前に読むピケティ 21世紀の資本作者: トマ・ピケティ,山形浩生,守岡桜,森本正史出版社/メーカー: みすず書房発売日: 2014/12/09メディア: 単行本この商品を含むブログ (109件) を見る は、難解すぎて私にはム~リ~ということで まんがでわかるピケティの…

周りをぐるぐるするだけについての話

雨が降るたび、寒くなっていく季節が来た。 微妙に寂しくなるような、ならないような…。変な印象を受ける本を読んだ。ラッセンとは何だったのか? ─消費とアートを越えた「先」作者: 原田裕規,斎藤環,千葉雅也,大山エンリコイサム,上田和彦,星野太,中ザワヒデ…

嗤う20世紀ー橋本治と私(下)

私は大人になるとは、自分の限界を認めることではないかな、と考えています。 こう考えるようになったのは、橋本さんの影響です。(やっと繋がったよ) 私は橋本さんみたいに能力があるわけではないから、どんなに頑張っても出来ないことは出来ない。 そして子…

この先には何もないのくらい知ってるー『ここは退屈迎えに来て』

前回の記事が暗いことが自分としては引っかかってしまい、何か明るい題材はないものか?と後味の良い本を ここは退屈迎えに来て作者: 山内マリコ出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2012/08/24メディア: 単行本購入: 9人 クリック: 100回この商品を含むブログ (…

明日が本当に来るなんて、誰が決めたの?

今の時期からは、夕方から夜になるのがどんどん早くなる。仕事帰りに最寄りの駅に降り立つと、辺りはすっかり薄暗くなってしまっている。 少し物悲しい気持ちになるような、ならないような。私の中で、センチメンタルな季節にしっくりくる映画。わたしを離さ…

マグリット!!字と絵の関係について

映画を観たことなのですが、これにマグリットの『囚われの美女』がモチーフ的に使われており、なんかガーンと音が聴こえそうなくらいの衝撃を受けて、以来絵画に詳しくもないくせに、好きな画家はマグリット‼と言うようになりました。 勿論マグリット展にも…

夏が終わる

台風が秋を連れて来る。 夏が終わり、秋の気配がするこの季節が、一年で一番好きだ。 個人的には、(好きな人には申し訳ないのだが)2月と8月は存在しなくてもかまわないくらいに思っている。 極端に暑いとか寒いとかが、非常に苦手なのだ。 特に8月に関して…

表に見えてるものが全てではない

やっと読み終わった。安倍官邸の正体 (講談社現代新書)作者: 田崎史郎出版社/メーカー: 講談社発売日: 2014/12/17メディア: 新書この商品を含むブログ (5件) を見るなかなか読み応えのある本で、安部首相に対する見方がまるで変わったと思う。 もとから私の…

続・ところでロマンチックを知らせる回覧は、いつごろ回って来るのか問題

多少しつこい気がしないでもないが、私とロマンチックとの関係を自分なりに追ってみようと思う。 まあざっくり言えば、もうちょっと何とかならないかな自分?という単なる個人の願望である。 おそらく私が好きな本の中で一番ロマンチックなものと言えば、 こ…

良い人なのか、悪い人なのか、それが問題だ!

獄中記 (岩波現代文庫)作者: 佐藤優出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2009/04/16メディア: 文庫購入: 9人 クリック: 93回この商品を含むブログ (39件) を見る というのはウソで、佐藤さんは博覧強記の上に、凄まじい経験をしている人なので、良い人なのか悪…

ドトールなうーTwitterやってないけど

そのまんまの意味です。 さっきまでスマホをいじって、日曜日の夕方のぬるーい感じを味わっていたのですが、そろそろ読書でもするか!と 安倍官邸の正体 (講談社現代新書)作者: 田崎史郎出版社/メーカー: 講談社発売日: 2014/12/17メディア: 新書この商品を…

お勉強マンガについて

昨日に引き続き、マンガでわかる~シリーズについて マンガでわかる行動経済学 (サイエンス・アイ新書)作者: ポーポー・ポロダクション出版社/メーカー: SBクリエイティブ発売日: 2014/12/16メディア: 新書この商品を含むブログ (1件) を見る ロシアのことが…