ところでロマンチックを知らせる回覧板は、いつごろ回って来るのか

現実主義な私が日々心に浮かぶことを、ゆるゆると書いていく

その他

超個人的な話ーお金に関して私が思うこと

で、ここで大きな問題があって、死ぬより恥ずかしいのかもしれない、葬式代がないから親戚に借りたとのことでした。いやーあのころは家族全員オカネがなかったから、恥をしのんで親戚に借りて、一応マトモな葬式を出せたわけです。

ロマンチックと私の本当に間柄について

まぁ恋人同士にありがちな“男女の親密な関係”を前提とした男性のグイグイ上から来る感じ(というかあれは恋人プレイとか言えばよいのか?)は、好きな人にはたまらないのかもしれないが、私とっては「何が悲しくていちいち相手のプライドをたてなくてはいけ…

わりとどうでもいい発見について

オシャレ感とは何か? 私は基本、スターバックス派ではなくドトール派である。(まぁ貧乏なせいもあるけれど)コーヒーの味がそんなに変わるとも思えないのに、わざわざS,M,Lではなくて、ショートとかラージとかもしくはマグカップかどうかをレジで聞かれて…

嗤う20世紀ー橋本治と私(下)

私は大人になるとは、自分の限界を認めることではないかな、と考えています。 こう考えるようになったのは、橋本さんの影響です。(やっと繋がったよ) 私は橋本さんみたいに能力があるわけではないから、どんなに頑張っても出来ないことは出来ない。 そして子…

マグリット!!字と絵の関係について

映画を観たことなのですが、これにマグリットの『囚われの美女』がモチーフ的に使われており、なんかガーンと音が聴こえそうなくらいの衝撃を受けて、以来絵画に詳しくもないくせに、好きな画家はマグリット‼と言うようになりました。 勿論マグリット展にも…

ところでロマンチックを知らせる回覧板は、いつごろ回って来るのか問題

ブログを始めてみたはものの、本のセレクトに情緒というか、ロマンチックさに欠けるのが気になる。 何とかならないのだろうか?恋愛小説とか、官能小説とか.................... .........................................................................…

ドトールなうーTwitterやってないけど

そのまんまの意味です。 さっきまでスマホをいじって、日曜日の夕方のぬるーい感じを味わっていたのですが、そろそろ読書でもするか!と 安倍官邸の正体 (講談社現代新書)作者: 田崎史郎出版社/メーカー: 講談社発売日: 2014/12/17メディア: 新書この商品を…